健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

更年期(更年期障害)のメカニズム

更年期(更年期障害)のメカニズム

更年期とは閉経(平均的な閉経年齢は50歳前後)をはさんで前後約10年間のことを言います。
当然、この時期の個人差は大きくあります。

更年期に入ると、ほてりやのぼせ、発汗、肩こり、肌荒れ、不眠、イライラ、憂鬱など、人によって異なりますが様々な不快な症状が現れます。

更年期障害の主な原因は女性ホルモン分泌のバランスの乱れです。
加齢とともに、卵巣の機能が衰えてきて、卵巣ホルモンなどの女性ホルモンの分泌量が減ってきます。
にもかかわらず、ホルモン分泌の中枢の下垂体から卵胞を刺激する卵胞刺激ホルモンの分泌が続きます。
下垂体から刺激が出ていても、卵巣がそれに対応できないというアンバランスな状態が続き、自律神経のバランスも崩れ、不快な症状が出現する。
これが更年期障害です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。